いないいないくぱぁ

僕にとってそれは普通の出来事。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
-Twitter-
Twitterやってます。
フォローしてやってください。

ビショビショ日記
携帯から写メ撮って更新してます。
盗撮とかしてません。
ほ・本当だよっ!!
当サイトでは相互リンクを募集しています。リンクしてやっても良いよーって人は下記のメールフォームよりメールください。日記サイトを運営している人からのお誘いをお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 桜が舞い散る季節になってきましたが、
    緑じゃなくてピンクなところとか嫌い。
    光合成をまったくする気がないことに疑問を感じてます。
    こんばんわ。いないいないくぱぁの管理人@クニマチです。

    そんな僕は先日、とある日本人女性二人とお酒を飲む機会がありました。
    僕よりも4歳ぐらい年上の素敵なお姉さんと飲んでました。
    年上なんですが、見た目はすごい若いわけですよ。
    28歳なのにもかかわらず見た目は27歳にしか見えないわけですよ。

    そんな素敵な日本人女性との飲みが幕を開けました。

    残念ながら全員で4人のお酒の席だったのが残念ですが、
    お年頃の男女が集まったら会話の流れは決まってるじゃないですか。

    The
     恋バナ

    恋してますか?
    はかなくも甘酸っぱい恋をしてますか?
    何歳になっても恋ってステキなものです。
    僕は恥ずかしながら恋をしてます。

    僕って実は天然パーマなんですが、
    冬って空気が乾燥してるからか知りませんが、
    唇が荒れてカサカサになってしまうじゃないですか。
    僕は人よりも唇が乾燥しやすい体質らしくて常にカサカサなんです。
    デートのときにリップクリームを忘れて終日カサカサな僕。
    そんな僕を心配して彼女が言うわけですよ。

    彼女「ねぇ、唇が荒れてるよ。リップつけたら?」
    僕「今日、リップ忘れてきたから無理なんだ。」
    彼女「そうなの?早く言ってよ。私のを貸そうか?」
    僕「嬉しいけど悪いよ。大丈夫だから。」
    彼女「違うの。そうじゃなくて・・・」
    僕「?」
    彼女「キスするとき、私が痛いじゃん・・・。」

    ごめん。少し嘘をついてしまいました。
    唇が乾燥しやすい体質っていうのは嘘。
    彼女にそんな胸キュンなセリフを言われたのも嘘。
    彼女がいることも嘘。
    僕が天然パーマってのは本当の話。
    それ以外はすべて妄想。

    つまり僕が言いたいのは恋って良いよね!ってことですよ。
    ステキな恋のエピソードをテーマに酒を飲んでたわけですよ。
    ただ、日本人女性が過去の恋愛話を話さないわけです。
    隠されたら聞きたくなるのが人の道。
    なんとか聞き出したいわけですよ。

    僕よりも人生を長く生きているお姉さんのことです。
    いろいろな恋愛経験をお持ちになっているハズ。
    ラブラブで付き合いだして、
    ドロドロな関係になって別れるまでの話が聞きたい。
    むしろ主にドロドロの部分だけが聞きたいのです。

    クニマチ「前の彼氏とはどれくらい付き合ってたんですか?」
    女性「えぇー。」
    クニマチ「どんなところが好きだったんですか?」
    女性「うーん・・・。」
    クニマチ「告白されたときの言葉は何だったんですか?」
    女性「恥ずかしぃー。」
    クニマチ「なにがきっかけで別れたんですか?」
    女性「それはー・・・・。」

    何を聞いても答えてくれないわけですよ。
    きっと言いたくないことだったに違いありません。
    楽しかったのも苦しかったこともあったと思います。
    それらすべてを含めて自分の中だけに閉まっておきたいのでしょう。
    そういうことならば僕も聞き出したりしません。
    むしろ聞き出そうとしてごめんなさい。
    だので僕は謝罪の気持ちもこめて一言添えました。

    クニマチ「いろいろとステキなエピソードもあると思いますが・・・」

    クニマチ「まぁ人生いろいろありますよね。」

    自分の発した無難な回答に僕はビックリしました。
    あまりにステキなフォローのセリフに全米が震えました。
    僕の気持ちのこもったセリフを聞くと、
    元・彼氏の話をまったくしなかった女性が重い口を開きました。
    わかってるって。
    あなたの気持ちは遅ればせながら理解しましたから。
    もう聞きませんから。
    次の話題に移ろうぜ!
    今夜は飲み明かそうぜぃ!!

    女性「はぁ?」

    ??!

    女性「私より年下のくせに何言ってんの?」

    ぐもっ!

    女性「そんな上から目線で喋るの止めてくれない?」

    ぐももっ!!

    ご・ごめんなさい・・・。


2010/04/09/ 23:14 日常。 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

まるで教わる気がない・・・。 / HOME / いないいないくぱぁのサイト名って何かエロくね?

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。